DEEP SEA & TRUCK / RAIL SERVICE

海上輸送 + トラック・鉄道サービス

極東港経由を除いてロシアCIS向けのGATEWAYは黒海経由、バルト海経由になります。
北極海港は河川輸送にてご紹介いたします。

Via Black Sea 黒海経由

黒海経由

主に黒海のNOVOROSSIOYSK港をメインのGATEWAYとするロシア向けカザフスタン向けルートと、グルジアのPOTI港をGATEWAYとするコーカサス、中央アジア向けルートがあります。黒海からドン河、ボルガ河を利用するルートは河川輸送のところで紹介いたします。

NOVOROSSIYSK経由

MOSCOW向けでバルト海港経由の対抗ルートとしてよく利用されます。トラック・鉄道の両方でロシア西部、カザフスタン西部に有効なルートです。モスクワ向けには鉄道のREGULARサービスもあります。

NOVOROSSIYSK経由

POTI経由

近年イラン経由が利用困難であるためコーカサス、中央アジア向けにPOTI経由の需要は大幅に高まりました。トルコ港からのトラック輸送と同様にPOTIからの同地域のトラック輸送は広く利用されております。トルコから中央アジア向けではもともとイラン経由のルートがよく利用されていましたが、イランを通らないルートのニーズが高いためカスピ海経由の輸送のケースが増えています。最近ではアゼルバイジャン鉄道がカスピ海フェリーを利用したPOTIから中央アジア向けの鉄道輸送サービスを開始してカスピ海を通す複雑な手配が通しのサービスとなり利用しやすくなりました。弊社では自社のBAKU, POTIの拠点を利用したPOTI経由鉄道サービスを積極的に取り扱っています

POTI経由

カスピ海フェリー

カスピ海は5つの国が面しており陸路を使わないで対岸の国にアクセスできるルートは非常に役に立ちます。主にBAKU(ALYAT)から定期就航しているRAIL FERRYでカザフスタン(AKTAU/KURYK)とトルクメニスタン(TURKMENBASHI)を繋ぐサービスがよく利用されます。このFERRYは船内に線路が敷かれており鉄道貨車をそのまま線路を使って積載できます。もちろんトレーラーもそのまま積めます。両岸の港は線路からFERRYに直接移動できる設備が整っています。

カスピ海フェリー

もう1つはロシアのドン河、ボルガ河を経由してカスピ海に入り、ロシア以外の4国の港湾を接続するサービスです。このサービスはロシア船籍の船舶しか就航できませんし、冬季の当決意する期間は使用できません。このサービスを利用して過去には水路がつながっているフィンランドとイラン間の河川輸送が往復で利用されました(フィンランド発:紙製品、イラン発:果物など)

ロシア以外の4国の港湾を接続

BTK鉄道

今まで鉄道のアクセスがなかったグルジア。トルコ間に鉄道ルートが開通してBAKUからTBILISIを通ってトルコのKARSまで開通した鉄道をBTK鉄道として営業運行が始まっています。鉄道軌道幅がグルジア・トルコ間で異なりますので国境駅のAKHALKALAKI駅でワゴンを交換する作業を行います。今後トルコの主要港とカスピ海までの鉄道利用がスムーズに利用できるようになると思われます。弊社ではトルコ、グルジア、アゼルバイジャンの自社拠点を通してこのルートを開発しております。

BTK鉄道


Via the Baltic Sea バルト海経由

欧州主要港からフィーダー船でバルト海緒港を経由してロシア西部、中央アジア向けに道路、鉄道輸送に接続するルートです。最大の仕向地であるモスクワ向けまたロシア西部の大都市向けにはほとんどこのルートが利用されています。モスクワに輸送するのにロシアの最大港であるサンクトペテルブルグ港を経由するのが一般的ですが、バルト3国の主要港はロシアCIS向けTRANSITを扱うべく個々特色のあるサービスを備えてこのサービスに対応しています。ロシア西部向けの輸送はほとんどトラックが利用されていますが、特にカザフスタン向けなど中央アジア向けBLOCKTRAINサービスはLATVIAのRIGAなどバルト港から多く出ています。

バルト海経由


Via Iran イラン経由

昨今の国際情勢でイラン経由ルートは利用困難な状況にありますが、以前は中央アジア、コーカサス向けのメインルートの1つでした。今後再開する可能性もありますし、全体を理解する上で簡単にご紹介します。CIS向けには道路、鉄道の両サービスが利用可能でアクセスはアゼルバイジャン、トルクメニスタンの両国にあります。近年アゼルバイジャンとの鉄道国境(ASTARA)、トルクメニスタンとの2つ目の鉄道国境(INCHE BORUN)は開通して営業運行されています。道路国境も複数ありますので、以前よりアゼルバイジャン、トルクメニスタン向けにはイラン経由は最適なルートでしたが今ではPOTI経由にルートが変わっています。新しい鉄道ルートとしてBANDAR ABBASからASTARA経由でモスクワ向けの定時BLOCKTRAINが何度か運行していますが、現在は休止されています。

イラン経由